SBI証券で米国株式・ETFをドルで購入する方法

米国株式・ETFをドルで購入する方法資産運用
Gerd AltmannによるPixabayからの画像
スポンサーリンク
SBI証券

SBI証券で米国株式・ETFを購入する方法を調べたので、紹介します。SBI証券ではジュニアNISAでも扱ってくれるので、知っていて損はないと思います。

スポンサーリンク

概要

SBI証券で米国株式・ETFをドルで購入する方法を、下記順で説明します。

  1. ドルで購入する理由
  2. SBI銀行でドルに換金する
  3. SBI証券でドルを入金する
  4. SBI証券で海外株式・ETFを購入する

ドルで購入する理由

SBI証券で米国商品を購入する際、購入の手段として円貨決済・外貨決済の選択肢が出てきます。

円貨決済外貨決済
説明円でドルを自動換金して商品を購入する円からドルに換金した後に商品を購入する
メリット商品購入が楽円からドルへの為替手数料が安い
デメリット円からドルへの為替手数料が高い商品購入時の手順が増える

為替手数料は以下の通りです。

1ドルあたりの為替手数料1万ドル換金時の為替手数料
SBI証券で円貨決済時25銭2500円
SBI銀行で普通預金時4銭400円
SBI銀行で外貨積立時2銭200円
楽天銀行の為替コスト25銭2500円

上記の通り、為替手数料を抑えるために、一旦SBI銀行でドル建てに換金します。もちろん、手間を惜しむなら円貨決済でも構いません。

SBI銀行でドルに換金する

今回は、SBI銀行の普通預金で円をドルに換えたいと思います。

SBI銀行で円をドルに換金するには、「外貨普通預金」をクリックします。

米ドルの[買付]ボタンをクリックします。

入出金口座を選択し、買付金額を入力したら、[確認する]ボタンをクリックします。次にSBI証券へ外貨入金する場合、入金口座は代表口座にしておく必要があります。

次の画面で、[確定]ボタンをクリックすると完了です。

SBI証券でドルを入金する

換金したドルをSBI銀行からSBI証券に移すには、SBI証券外貨即時入金サービスを利用します。

[入出金・振替] > [外貨入手金] > [外貨入金]をクリックします。

“米ドル”選択と、振込金額および取引パスワードを入力して、[振込指示確認]ボタンをクリックします。最低振込金額は、10通貨単位です。

[振込指示]ボタンをクリックすると、SBI銀行の認証画面が表示されるので、必要事項を入力します。

SBI証券で海外株式・ETFを購入する

SBI証券で海外株式・ETFを購入するには、まず右側メニューの[外国株式取引]をクリックします。

[取引]メニューから”米国“をクリックして下記を入力します。

  • 取引:買付
  • ティッカー:購入する銘柄指定
  • 株数:任意
  • 価格:任意
  • 期間:任意
  • 預かり区分:任意
  • 決済方法:外貨決済

これだけで、海外株式・ETFを購入することができます。もし、定期的に買付したい場合は、”定期買付”タブをクリックします。

その他

買付手数料

基本的に、米国商品購入時には、1取引あたり0.495%の買付手数料がかかります。ただし、手数料上限は22ドルです。なので、4444.45ドル以上購入すると、買付手数料はお得になります。

因みに、2021年3月時点で下記対象銘柄は、買付手数料無料に指定されています。

  • バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)
  • バンガード S&P 500 ETF(VOO)
  • バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)
  • iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)
  • SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)
  • ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
  • ウィズダムツリー米国株高配当ファンド(DHS)
  • ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド(DLN)
  • ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長(DGRW)

なお、NISA口座での米国ETF定期購入だと、手数料は無料です。

ジュニアNISA用の場合

SBI証券は0歳から口座開設可能ですが、SBI銀行では満15歳以上でなければ口座開設できません。証券会社への振り替えは、同名義の口座である必要があります。

なので、小さい子供用に米国商品を購入するためには、円貨買付しかなさそうです。

まとめ

SBI証券での米国商品購入は、SBI銀行との連携が簡単で、手数料も安く設定されています。長期資産形成のため、日本だけでなく、他の国々への投資も検討されてみてはいかがでしょうか。

以上、SBI証券で米国株・ETFをドルで購入する方法の紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました