初心者トレーダーが学ぶ利益を最大化する方法

利益を最大にする方法資産運用
OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像
スポンサーリンク
SBI証券

株取引で利益を出したいところですが、感情が邪魔してそう上手くはいかないものです。感情に左右されず取引を進めていく方法を、SBI証券での例を交えて紹介します。

スポンサーリンク

利益が出ない理由

これは、誰しもが持ち合わせる”リスクを考える方が得よりも恐怖が大きい“という、心理的負担によるものです。ノーベル賞受賞者により提唱された「プロスペクト理論」で証明されています。

株取引でいえば、下記の様な状態を指します。

  • 少し利益が出たところで、そろそろ下がりそうだから確定しておこう。(まだ上昇トレンドなのに)
  • トップから少し下がったところで、利益が減ったけどきっと戻るはず(もう下落トレンドなのに)
  • 損失の金額が大きくなると痛みが減ってきて、もういいやと投げやり(塩漬け、もしくは大損状態)

損したくないとの心理状態から、少量の含み益を確実に手に入れたくなったり、含み損は損切できないという行動を繰り返してしまいます。

克服する方法

最大の敵は心理的要素・感情ということになりますが、これを克服する方法としての具体的な行動は、NASDAQ(全米証券業協会)のレポート内で提示されています。

これによると、克服する最大の方法は、注文時に最初からストップロス注文(損切する値)とリミット注文(利確する値)を設定することだということです。

後はほったらかしで日常を過ごします。こまめに値動きを確認する必要も、値動きに一喜一憂することも、想定外の大損してしまう可能性もありません。

注文方法の種類

IFDOCO注文

買・損切・利確値を同時設定する注文方法です。 ポジションをとる注文が約定すると、ポジションを解消する注文が発注されます。 解消するタイミングとして、損切・利確値の両方を指定することになります。

IFD注文

買・売値を同時設定する注文方法です。ポジションをとる注文が約定すると、ポジションを解消する注文が発注されます。解消するタイミングとして、損切もしくは利確値の片方を指定することになります。

OCO注文

指値と逆指値を同時設定する注文方法です。

  • 今からポジションをとる場合
    • 買い注文
      買値を指値に入力し、価格が上昇した時の買値訂正値を逆指値に設定します。2段構えにすることで、買い逃しを防ぎます。
    • 売り注文
      売値を指値に入力し、価格が下落した時の売値訂正値を逆指値に設定します。2段構えにすることで、売り逃しを防ぎます。
  • 保持しているポジションを解消する場合
    所有株の利確値を指値に、損切値を逆指値に設定します。

実際の注文設定

現物買い時のIFDOCO注文画面を、SBI証券を例に手順を示します。

  1. まず、銘柄と買値利益が出た時の売値損が出た時の閾値と売値を検討します。
  2. SBI証券の現物買い注文画面で[IFDOCO]タブをクリックします。
  3. IFD1エリアの価格欄に、買値を指値もしくは成行で入力します。
  4. OCO1エリアの価格欄に、利益が出た時の売値を指定します。
  5. OCO2エリアの価格欄で、損切用の閾値と売値を指定します。
  6. 残りの設定値を確認して、注文を出します。

まとめ

初めのころは、リスクを小さくしたいが為に損切値が買値に近く、日々の値動きの中ですぐに約定してしまうことが多々ありました。買値の5%とかチャートの直近ピーク値または移動平均線の支え、とかいろいろ試してみて、指定値に幾らを設定するかは、リスク許容度・相場観等色々な考慮事項があり一概には言えませんが、経験を積んで徐々に守備範囲を広げていこうと思います。

何より、値動きが気になって他のものが手につかない、なんて状態から解放されるだけでも、設定する価値があります。

感情に左右されず、システマチックに取引を淡々と実施して、利益を手にしていきましょう。

以上、初心者トレーダーが学ぶ利益を最大化する方法の紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました