SBI銀行のスマートプログラム改定で楽々ATM無料5回

スマートプログラム変更お得情報
参考 SBI銀行HP
スポンサーリンク
SBI証券

SBI銀行のスマートプログラムが改定されます。個人的には使いやすくなったと感じる、今回の変更内容について紹介します。

スポンサーリンク

概要

改定後のポイントは、スマート認証NEOに対応することでATM利用5回・他行振込5回を無料にできることです。

以前、無料回数5回のためにSBI銀行(+SBI証券)のお得な使い方の記事で記載した下記条件は不要になります。

  • 外貨預金(普通・定期)に月末残高がある
  • SBIハイブリッド預金に月末残高がある

2021年4月の登録実績に応じて、2021年6月からのランクに反映されます。

スマートプログラムとは

スマートプログラムは、商品やサービスの利用実績に応じて、ATM利用や振込の手数料無料、500ポイントから1ポイント1円に換金できるスマプロポイント獲得等の特典が受けられるSBI銀行の優遇プログラムです。

スマート認証NEOとは

スマート認証NEOは、スマホアプリ「住信SBIネット銀行」とスマートフォンに登録された本人確認情報を紐づける認証機構です。

例えば、SBI銀行のWebサイトへID/PWでログインした際、スマホから本人認証(指紋等登録による)を完了させないと次へ進めず、不正利用防止などのセキュリティを向上してくれます。

改定内容

ランク毎の無料回数

プログラム変更前後の手数料無料(月ごと)の回数を示します。

 変更前変更後
ATM(出金)他行振込回数ATM(出入金)他行振込
ランク415152020
ランク3771010
ランク25555
ランク12121

ATMのカウントが出金→入出金にカウント対象変更されていることに注意です。

ATMの無料回数超過時の料金は、110円/回です。

ランク判定条件

プログラム変更後のランク判定条件は以下の通りです。

ランク1スマート認証NEOを登録していない場合
ランク2スマート認証NEOを登録している場合
ランク3スマート認証NEOを登録し、かつ下記いずれかの条件に該当する場合
・総預金残高300万円以上
・住宅ローン残高あり
・ロボアドバイザー資産運用残高100万円以上
・下記A表のうち、3点以上
ランク4スマート認証NEOを登録し、かつ下記いずれかの条件に該当する場合
・外貨預金+仕組預金が500万円以上
・外貨預金+仕組預金が300万円以上かつ住宅ローン残高あり
・ランク3を満たすかつ下記B表のカード条件に該当

下記、A表です。

外貨預金月末残高あり1点
仕組預金月末残高あり1点
SBIハイブリッド預金月末残高あり1点
BIG・toto購入と公営競技入金月内合計2万円以上1点
純金積立月末時点で契約あり1点
給与・賞与・年金受取月内に入金あり1点
目的・不動産担保ローン月末残高あり1点
カードローン月末残高50万円以上2点
ミライノデビッド月末確定金額1万円以上1点
月末確定金額3万円以上2点
ミライノカード(JCB)の口座引落を当社設定当月確定金額1万円以上1点
月末確定金額5万円以上2点
JAL Global WALLETの当社口座からの円貨チャージ月内合計金額1万円以上1点
月内合計金額3万円以上2点

下記、B表です。

条件いずれかのクレジットカードに入会かつ当社を引落口座に設定
またはデビッドカードを契約
クレジットカードミライノカードGOLD(JCB)
ミライノカードPLATINUM(JCB)
ミライノカードTravelers Gold(Mastercard)
デビッドカードミライノデビッドPLATINUM(Mastercard)

SBI銀行発行のカードを利用しない場合、ランク3以上に移行するには少し敷居があるように感じます。

楽天銀行の場合

ちなみに、楽天銀行のハッピープログラムだと、預金残高か取引回数により決定されます。シンプルなんですが、そんな資金に余力も無いし、取引回数も少ないんですよね。SPUがアップできるとうれしいのですが。

ランク条件ATM利用
無料回数(回/月)
他行振込
無料回数(回/月)
楽天ポイント
獲得倍率
スーパーVIP残高300万円以上
または取引30件以上
733
VIP残高100万円以上
または取引20件以上
533
プレミアム残高50万円以上
または取引10件以上
222
アドバンスト残高10万円以上
または取引5件以上
111
ベーシックエントリー001

まとめ

スマート認証NEOを登録することで、誰でも簡単にATMと振込手数料を5回/月利用できるようになります。スマート認証NEOはセキュリティ向上のために是非とも実施しておきたい施策ですので、事実上SBI銀行を利用すれば、5回無料がスタンダードになったといえます。

以上、SBI銀行のスマートプログラム改定の紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました